たいせつなもの~toramaruの日常~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

退院してきました

10月1日に、手術を無事に終え、本日退院することができました。

みなさんのあたたかい応援のおかげで、頑張ることができました。本当に感謝の思いでいっぱいです。
ありがとうございました。

手術中のリンパの生検で、リンパへの転移が分り、利き腕のリンパをとる手術もしました。
リンパをとるとリンパ浮腫などが怖いし、さけたかったんですが・・・リンパ転移もだいぶショックでした。

最初は痛みとショックでメソメソしてるときもありましたが、見かねたお隣のベッドの方が退院するときに
空のみえる窓際にかえてもらったら、とこっそり伝えにきてくれて、窓際に移動しました。

空をみながら、いろんなことを考えました。
いままでのこと、これからのこと・・・
みんなのこと・・・

同病のお友達もできて少しずつ笑えるようになりました。

まだ痛むけど、これからリハビリがんばります。


写真は携帯でとった、ベッドから見えた風景です。

DSC_1769.jpg

スポンサーサイト

PageTop

病気の告知

前回のブログでみなさんにご心配をおかけしたにもかかわらず・・・

また良くない記事になってしまうのが申し訳ないのですが。。


実は今日、乳がんの告知を受けてきました。

8月16日に市の検診でマンモグラフィーを撮り、その場で異常(石灰化)が見つかりました。
非浸潤性乳癌の疑いで、勤務先でもある(休職中ですが)大学病院に紹介されて、29日にマンモトーム生検を行いました。

その間、良性か悪性か・・・本当に毎日毎日考えては落ち込み辛い日々を送りました。

先生は念のためというニュアンスでしたし、それを信じたい気持ちもありましたが、色々な情報が入るうちに、不安はどんどんつのりました。
悲しいブログもたくさん読んでしまいそのたびに涙がとまらず。。

結果は来週の月曜に聞きに行くはずでした。でも生検をしたところが昨日チクチク痛んだり、張っている感じがあったため今朝電話・・・・そして病理の結果が出ていたら今日ききに行きたいと話しました。

そのときの看護師さんの電話から伝わる声、様子で、あ、癌なんだなと確信しました。

頭が真っ白になりつつ、支度をしてタクシーで病院へ。

非浸潤性かとおもっていた癌は、浸潤していました。
色々かいてあって、怖くてよく読めなかった病理診断の紙。
コピーをもらいました。

泣かないでいようと決めていましたが、やっぱり涙がこぼれてしまいました。

浸潤しているという事実。それがショックでした。

ほとんどの癌は浸潤してみつかるということ、でもしこりがなく広がっていく悪性度の強い癌の疑いも書いてあり・・・不安でつぶれそうでした。

私はアレルギーや喘息があるので、来週の骨シンチやMRIの造影剤が本当はよくないのですがそんなことを言っていられません。アレルギーを抑えるステロイドを二日飲んで臨むことになります。

その結果、一か所にでも骨や他の臓器に転移が見つかれば、残念ながら手術はできませんと・・・

もしできる場合には10月1日に手術が決まりました。

もともと、胸の周辺の骨がいたくて、検診を考えたんです。
なので、非常に心配でなりません。。

悲しいけど、現実です。

何人かの方々には疑いがあると話してあったので、ここを読んでもらったらこんな結果だとわかってもらえるかな。

とにかく、子供と、難病の母、母を介護してくれている高齢の父・・・

家族のことがとても心配です。

でも、行けるところまで、進んでいきたい。

今日はお人形写真もなくて、暗くてごめんなさい。。。

私は生命保険も入ってなくて、休職中の身。癌の治療費もたくさんかかりますのでこれからお人形も少し里子に出さなくちゃかなあ。少し気持ちが落ち着いたら、頑張ります。

健康はあたりまえのものではないですね。

どうか、みなさんもお体大切に。

ショックが続いていてまとまらない文章でごめんなさい~

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。