たいせつなもの~toramaruの日常~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

今の自分、昔の自分


仕事を休職してもう1年半を過ぎました。


20年、職場では辛いときもたくさんあったけど踏ん張ってきたとおもいます。

子供二人は1歳になる前から保育園に預け仕事に復職。
親の難病、子供の病気、仕事の忙しさ。

下の子の育児休業明けの時、熱性痙攣からチアノーゼをおこし救急車で搬送、入院。
復帰が3日後に迫っていたけれど、表情が固まり脳への影響がわからない、なんて状況の中、なんとか復帰を数日延ばさせてもらいたいという私の申し出に、当時の課長はなんとしてでも出てこいと。
病院までその下の立場の上司がきて、一度とりあえず来てくれと言われました。

病院から、職場へ出かけた私に課長は大声で怒鳴りました。

「お前は母親の前に、一社会人だろう!本来ならもう出てきて仕事の引き継ぎを受け、バリバリ働いていてもいいころだ。それなのになんだ!社会人失格だ!一人ひとり、全員に頭を下げてこい」

今なら「パワハラ」なんて言葉も浮かびますが、当時はそんな時代でもありませんでした。
静まり返る広い部屋の中、一人一人に「すみません、数日復帰が遅れます」とあいさつをして職場を出ました。

帰りのバスの中、こらえていた悔しさで涙が止まらなくなり泣きながら病院へ戻ったこと、まだ思い出すと辛くなります。
その当時の上司、異動してきたばかりで話をしたこともない人でした。(以前部下が自殺未遂を起こしたこともあると噂の人でした)

そんな悔しい思いまでして続けてきた仕事。簡単にやめられない!!親の入院や子供の入院で病院から職場に通うときも辞めるとか休むなんて考えもしませんでした。


明るいだけが取り柄の私。
過呼吸、円形脱毛症、とうとう1時間半の睡眠しか取れなくなっても仕事になんとかいってました。

でも休む直前は、不整脈とひどい動悸で心電図に異常がでてしまい。
ドクターストップで休職になりました。

少しずつ睡眠がとれるようになってきてだんだん体調も回復してきましたが、まだ身体の過緊張という症状がとれず、急に体が硬直して動悸がして脈が乱れてしまいます。

ストレスとは怖いなあと実感しています。

ブログにはなるべく楽しいことだけを書きたいのですが~

今の私の現状なのです。

そんな私の唯一の趣味、「お人形あそび」

P1020961.jpg

1950年代。アメリカのIDEAL社のtonidollです。

この子達、あまり愛想のないようなつまんなそうなお顔に見えますが、口元にほんのり微笑みを浮かべていてなんともいえない可愛らしさがあります。

人は見た目の表情ではわからない気持ちを抱えていたりすることを忘れずにいようとこの子達をみていると思うのです。

先日実家に行ったとき子供のころいとこと撮った写真が出てきました。

くるくる天然パーマの私。

110703_1727_01.jpg


人見知りで心細そうな小学1年生の私(笑)

110703_1724_02.jpg

大人になった今をこのころの私が見たら、なんて思うかな・・・(T_T)

なんか、ごめんねって気分です。。。

なんだか今日の日記、暗いなあ(笑)

スポンサーサイト

PageTop

双子のギグルスちゃん

双子のギグルスちゃん

DSC_0993.jpg

1960年代にアメリカ・アイデアル社が販売していたギグルスドールです。
腕を動かすとスイングアイのヘッドを左右に振りながら笑う構造になっています。
今は笑わない子がほとんどみたい。
うちの子も最初来たときはかろうじて笑ってくれたのだけど今はだめみたいです。

すごくかわいくて~

癒される子たちです。

ヴィンテージのドイツのくまさんと一緒に。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。